塾を開業したばかりでダブルワークとして

長年塾講師として働いてきましたが、40歳を過ぎて塾のノウハウや自分なりの理想の塾が見えてきたので一念発起して開業しました。もちらん、最初から家族を養える生活ができるレベルで収入があるとは思っていなかったのでダブルワークも覚悟していました。

 初月で15人の生徒が集まり上々のスタートなのですが、経費を差し引くと手取りで10万ほどです。そこであと最低限15万ほどの副収入を得るためにダブルワークをいよいよ検討し始めました。塾の仕事は午後2時からテキスト作りなどのデスクワークを始め授業は夕方5時からです。後片付けなども入れると終わるのが夜11時前後なので、バイトする時間は午前中か深夜12時くらいからとなります。当然、深夜の方が時給が高いので深夜のバイトを探し始めました。

 まず、最初に考えたのが深夜のガソリンスタンドです。理由はさすがに40歳を過ぎると肉体労働のダブルワークは厳しいので、比較的客が少なく体力的にも負担がかからないバイトであり、若いときにバイトとして働いた経験があったからです。探してみると新規開業で24時間営業のセルフスタンドが募集していました。深夜の時給も1,200円だったのと、シフトも夜11時から朝8時までなので時間的にもギリギリ合います。これなら週4日でもノルマ達成なので早速応募してみました。バイト情報サイトの応募フォームから必要なことを書き込み、2日後に返事が来ましたが残念ながらダメでした。理由は深夜のスタッフは1人なので危険物取扱の資格が必要だからだそうです。

 そこで、次に考えたのがネットカフェです。こちらも24時間営業のため深夜の募集はいくつかありました。その中でもシフトが合いそうなものを探していると深夜11時から朝7時までのものがあったので応募してみました。前回同様にサイトから応募すると3日後に返事が来ましたが、またもや残念ながらダメでした。理由はすでに深夜の時間帯は採用が決まってしまったからだそうです。「また募集をしたら応募してもらえますか?」とメールには書いてありましたが、自分のほうも急ぎで探しているので断らせていただきました。

 さすがに2回連続で面接までしてもらえないと凹んできます。そこでバイト以外の副業も考え始めクラウドワークスなどの空き時間を利用した仕事も始めました。ただ、これだけでは目標の15万には届かないので平行してバイトも探すことにしました。今度は深夜にこだわらず、早朝の新聞配達や午前中でも時給が良さそうなものを探していると、まず早朝の新聞配達は頑張っても10万円くらいのようでした。そうなるとトリプルワークが必要になってしまうので断念し、さらに午前中も含めて探していると、やっと理想的な仕事が見つかりました。

 見つかったバイトは「不登校や予備校生対象の塾講師」です。要するに昼間に勉強を教える仕事で、さらに児童カウンセラーや大学受験まで指導できる講師ということです。この条件は普通の人にとっては厳しいですが、自分はどちらも指導経験があるので、うってつけの仕事でした。さらに90分の授業で4,800円という破格な待遇で、時間帯も朝10時からとなっています。これなら朝10時から2コマこなしても昼1時で十分自分の塾に間に合います。収入的にも週4日で十分ノルマ達成です。ただ、1つ懸念されるのが同業だということです。同業の場合、生徒を他方に持っていかれる可能性があるので断られる可能性があります。そのためよくそのようなことをしないと誓約書は書かされるのですが、法的効力があるわけではないので最初から断られることもあります。しかし、これほど自分の理想に合うバイトはないので応募してみました。結果は見事採用!さすがにこの条件をクリアできる人材は少ないようで、すぐに面談が組まれ、簡単なテストで指導力をチェックされ、即採用が決まりました。塾講師の場合、よく模擬授業などもするのですが、今回は個別指導がメインなのでありませんでした。

 とにかく40歳を過ぎてから久しぶりのバイト探しでしたが、無事に見つかって良かったです。もっと年齢的なことで断られることがあるかと思ってのですが、そうゆうことは少なくなったようです。確かにコンビニなど色々な場所で中年の男性がアルバイトをしているのを見ますが、時代が変わってきたのかなと思いました。