雇用保険をを受理するまでの道のり

昨年末、派遣社員として商社に勤めていましたが都合により退職し、離職票が派遣会社から届いた時点で住んでいる地域の管轄にあるハローワークへ手続きをしに行きました。事前にインターネットで雇用保険に関する手続き方法や受理方法を調べていましたが、非常に分かりずらい部分が多々あったので、不安を抱えながら向かいました。

 ハローワークへ行った際は足りない書類と顔写真がありましたが、次回の失業保険受理に関する説明会の際に持参すればよいということで初めの手続きは全部職員の方が行ってくれました。手続きに関して特に難しいことはありませんでしたが、失業保険を受理する間に求職活動を最低2回以上しなければならない、受理中にアルバイトなどの仕事をした場合は申請をしなければならないなど、細かいルールが非常にたくさんありました。

 私自身、退職後すぐに就職をする予定はなく、まずはハローワークで雇用保険の手続きをしてからゆっくり今後のことを考えよう、と思っていました。ハローワークへ最初に行った日に分かったことですが、私の退職理由は「会社都合」となっていたため、本来ならば受理までに3か月待たなければいけないものが、手続き後にすぐ受け取れることがわかりました。よく巷で言う、「仕事を辞めるなら、まずは生活費を3か月分貯めてから」というのは、自己都合で退職した場合はハローワークから失業保険を受理できるまで3か月かかるからなのだな、とその時に意味が理解できました。  説明会の後、一か月に一度「認定日」というものが設けられていて、ハローワークまで本人が求職活動をした実績を提出する義務があるのですが、求職活動といってもセミナーの参加や求職に伴う資格試験の受験などでも求職活動として認められます。私の場合、ちょうどファイナンシャルプランナーの試験があったの、その旨を記載して一回分の求職活動として認めてもらえました。一般的には、求人広告に掲載されている会社に応募し、その合否がどうだったかを報告するという流れが多いようです。

 ハローワークから配布された求人一覧表を毎月認定日にもらいましたが、正社員・契約社員・パート・アルバイトのすべてにおいて募集の情報が記載されており、実際にそこから求職する人もいるようでした。パソコンから仕事を探すことも可能ですが、直接ハローワークに来て職員の人と一緒に探すという方法も浸透していました。私はほとんど自分で求人案内を見て応募する、という方法をとりました。

 実際にハローワークを利用して思ったことは、このような制度は遠慮せずにどんどん活用するべきで、「手続きが面倒そうだから」などとしり込みせずに前向きに進めるべきです。失業保険と聞くとどうしてもマイナスのイメージがありますが、在職中は給与から雇用保険も支払われていたので、退職後に失業保険を受け取る(そのような状況になった場合ですが)のは当然の権利です。私はそれで生活も学費の返済も賄うことができ、本当に助かりました。

 気を付けなければいけないことは、保険証を退職とともに会社へ返却しなければなくなるので、失業保険受理中は市役所へ行って国民保険の申請をしなければなりません。保険証は数日で発行して書留にて自宅へ届きますが、それに伴い毎月保険料を支払う必要があります。また、国民年金保険ですが、失業保険受理中は「失業中」なので年金の免除申請をする必要があります。それが受理されれば失業中の年金の支払いも免除される仕組みとなっています。

 失業保険を受理するための手続き、保険証を入手するための手続き、国民年金を免除してもらうための手続きと、最低3つの手続きが必要となり大変面倒でした。しかしこれも行うべき義務と思い、ひとつひとつ申請を劣らずに行いました。後になって滞納のお知らせが届くことも避けたいので、最初のうちにきちんとやっておくことをお勧めします。